今日はどのお菓子の写真を撮ろうかしらと思ったら、、、
携帯の電池切れでございます~(泣)
なので、先日テレビを見ていて なんだか泣けてしまったお話しを。。。
5世代で暮らす家族の日々を追った、ほのぼのとした内容でした。
一番年上は 101歳のおばあちゃん。
なんでもよく食べ、晩酌なんかもしちゃってとってもお元気。
一番年下は 1歳の赤ちゃん。
まだまだひとりでは何も出来ず、泣くのと寝るのがお仕事。
あるとき、お昼寝していた赤ちゃんが泣き出して、、、家の中にいるのは101歳のおばあちゃんだけ!
赤ちゃんは 「おんぶ~」と泣いています。もちろん 相手が101歳なんておかまいなし!!
テレビの前で私は 「きゃ~うそ~だいじょうぶ~!!!」思わず声をあげてしまいました。
なんと!!! 101歳のおばあちゃん、一本のおぶい紐で、えいっ!と赤ちゃんをおんぶしゃったんです!
 「も~、年寄りなんだから、おんぶなんて重たくってかなわないわよ~」
なんて言いながら。
そこに、なんだか、深いふか~い 愛 を感じて。。。
涙がぽろぽろこぼれたのでした。
。。。すぐに若いおばあちゃんがやってきて、「あら!あら!大変!」と赤ちゃんを抱っこしてくれたので、101歳おばあちゃんの奇跡のおんぶは一瞬のことでした~。ご安心を。
できれば、赤ちゃんがもう少し大きくなって、おおきなおばあちゃんと一緒に暮らした記憶を残せるようになるまで、お元気でいて欲しいものです。。。

記事を書いたスタッフ

goto